〜ウイルスを殺菌するLEDライト〜

T-LED DUV Light


大成建設は、トイレ・洗面台・デスクの上・PC画面やキーボードなどの表面に付着したウイルスを、人の不在時に点灯するだけで殺菌することができるLEDライト(T-LED DUV Light)を開発しました。

「T-LED DUV Light」は、殺菌効果の高い深紫外線を採用。一般的な天井高さ2.5m~3.0mから、2~3時間点灯することで、ウイルスを99%程度殺菌することが可能です。

またLEDライトにすることで、省エネと約2万時間の長寿命化を実現、デザイン性にも配慮したダウンライト形を採用しました。



LED照明の写真


「T-LED DUV Light」の深紫外線は、人の不在時に点灯させて、安全性を確保する必要があるため、次世代人検知センサー「T-Zone Saver」を中心とした「安全制御システム」と合わせてのご提供となります。


~深紫外線とウイルスへの効果~

「T-LED DUV Light」は、殺菌効果の高い280nmの深紫外線(UV-C、またはDUV)を採用しています。光による殺菌は一般的なアルコール消毒と比べ、複雑な形状の表面を殺菌することが容易なため、接触による感染リスクが懸念されるトイレや洗面台、執務室の机、PCキーボードなどの表面に付着したウイルスを簡易に殺菌が可能です。

whatisDUV.png

T-LED DUV Lightの特徴

  • 独自の制御システムで安全性を確保
  • 一般的な紫外線殺菌灯と比較して長寿命(約2万時間)
  • デザイン性に優れ、軽量で嵌め込み式で容易に設置できるダウンライト型

一般的な天井高さ(2.5m~3.0m程度)の空間において、机上面への2~3時間のDUV照射により、一般的な細菌やウイルス99%を殺菌することが可能です(殺菌時間はウイルスの種類で異なります)。

~安全制御システム「T-Zone Saver」~

「T-LED DUV Light」が採用している深紫外線(DUV:Deep Ultra-Violet)は、人の不在を確認してから点灯することが求められます。

従来の人感センサーは、人の移動による温度変化とタイマー機能を組み合わせたものだったため、人が静止している場合は高い精度で認識することが困難でした。これに対し「T-Zone Saver」の人検知センサーは、人体が発する温度そのものを認識し、PCの発熱や日射による温度変化との識別も可能なため、静止体も含めた人の「在/不在」を確実にリアルタイムで認識することが可能です。

tzonesaver3.png

当社が開発した「T-Zone Saver」は、人検知センサー、扉の開閉センサー・照明スイッチのon/off管理などと組み合わせることで、人の不在を確認した上で安全に深紫外線を点灯し、空間の殺菌を行います。

tzonesaver2.png

~ご自身の目でお確かめください~

T-LED DUV LightとT-Zone Saverは、当社の会議室(本社:東京都新宿区)に設置しています。
見学が可能ですので、ご興味がございましたら、お気軽にお問合せください。

meetingroom3.png

<T-LED DUV Lightのご使用に当たって>

  • 安全にご使用いただくための制御システムと合わせた(施工含む)ご提供になります。器具の単品のご提供は致しません。
  • 安全性を保持するために、弊社にて設置(施工)しました、器具及び制御システムの改造等は絶対しないでください。

詳細は、弊社の担当までお問い合わせください。

関連情報

本ウェブサイトでは、お客様の利便性の向上及びサービスの品質維持・向上を目的として、クッキーを使用しています。
本ウェブサイトの閲覧を続行した場合は、クッキーの使用に同意したものとします。詳細につきましては、本ウェブサイトのクッキーポリシーをご確認ください。