大成建設の医療福祉施設づくり

大成建設の医療福祉施設

医療機関をとりまく環境は絶えず変化し、これに伴い施設に求められる要求も常に変わっています。そのような環境下で永続的な発展を支える施設には「経営」「運用」「施設」の3つの要素をバランスよく計画することが求められます。
大成建設は、豊富な経験と各々の専門的見地から、お客様に最適な「ベストバランス」を提案し、地域から求められる医療サービスを安定して提供し続けることのできる施設づくりを実現します。

【経営】激変する環境に対応できる事業戦略の構築

大成建設は、今日までに携わった施設づくりのノウハウを活かし、現状の経営状況はもとより、医療政策の方向性、立地条件、将来ニーズの予測など、さまざまなデータを用いて医療環境の調査分析を行います。これにより、診療方針・診療内容等の決定を支援し、病院機能に最適な事業収支計画,施設計画などの多角的な検討を行うことで、病院の事業戦略づくりをお手伝いします。

【運用】人・物・情報の最適化による運用業務の省力化

施設内を絶えず動き回る多量の「人・物・情報」。これらの流れの実態を調査・分析し、運用業務における業務量,経費などの課題を顕在化させます。次に、抽出した課題を解決し患者や病院スタッフの負担を抑制する効率的な運用計画を策定し、施設計画に反映させます。
 また、開院までの医療機器,備品類の調達や開業支援とともに、開院後の外部への業務委託もサポートし、運用業務の省力化を実現します。

【施設】患者・病院スタッフの想いを具現化

 地域環境や社会変化に適応し、現在の施設が抱える様々な課題を解決するため、お客様と「想い」を同じくする設計者が、丁寧なコミュニケーションを心がけながら、ご要望に的確にお応えする最適な施設を提案します。
 さらには、病院運営を熟知した施工技術者が、高い技術力を駆使して工事にあたり、施設をご利用になる患者と職員、そして地域住民の皆様の生活を守りながら、機能と快適性を満足し、未来を見据えた施設を形にします。

本ウェブサイトでは、お客様の利便性の向上及びサービスの品質維持・向上を目的として、クッキーを使用しています。
本ウェブサイトの閲覧を続行した場合は、クッキーの使用に同意したものとします。詳細につきましては、本ウェブサイトのクッキーポリシーをご確認ください。